【FX記録】第1章 ひよっこ歩兵

FX記録
Detonator / Pixabay

お久しぶりです、はなまるです!!

一番最初の記事を投稿して満足して次の投稿怠ってました(;´Д`)

ちゃんと書かな!!w

タイトルはキングダム風で成長過程を楽しんでいただければと思います( ੭ ˙ᗜ˙ )੭笑

 

 

スポンサーリンク

現状について

 

 

いきなりですが自分の現状について書いていこうと思います。

 

FXは昨年29年の6月ごろからスタートしました。

 

始めはXMで口座を開き3,000円スタートでしたが、ソッコーでなくなりましたw

 

 

自分は始める前に

 

”ある程度勝てるようになってからしかロットは上げない”

 

と、自分なりの資金管理を行いました。

 

ちなみに今は3万程度負けています。

微々たるものですが、これが積もりに積もったら大変な額になってしまうので、

一旦実弾のトレードをやめ、現在はデモトレードを行っております。

 

ちなみに、最近はこんな感じです。

 

デモ口座だけど、クソ負けとるやないかい( ੭ ˙ᗜ˙ )੭笑

 

これは先日ドル円で調子に乗ったときのやつです…

 

自分の中で下がる下がる!!とバイアスがかかっていたためナンピンまでしてます。。。

 

感情に流されたクソトレードのいい例ですね(; ꒪ㅿ꒪)

 

 

負ける原因

 

負ける原因を自分なりに分析したところ、

 

  • 小さい足(30分足以下)に惑わされすぎ
  • エントリーポイントが甘い
  • その甘いポイントに対してロスカット位置も小さい

 

この要素からヒゲでかられたり、エントリー後逆行するなんてことがよくありました。

 

そこで、これから、ガラッと変わった手法を使ってみたいと思います。

 

 

新たな手法

 

先日、Twitterで絡ませていただいたある専業トレーダーさんとお電話させていただきました。

 

その中でいろんなものを気付かされました。

 

今まで自分は相場を追い掛け回してちっちゃいポイントで損切り〜またちっちゃポイントで損切り〜

 

みたいなのを連発してました。

 

 

ところがその方の手法というのは、

 

”待ち構えて刈り取る”

 

このような表現がピッタリかと思います。

 

蜘蛛のような感じですかね、糸を張り巡らせて獲物がかかるのを待って、

獲物が絡まって抜け出せなくなったところを仕留める!

 

無駄に動く必要もなく、効率がいいですよね。

 

 

更に口すっぱく言われていたことは

 

”相場は勝ち逃げに限る”

 

ということでした。ものすごく自分も共感してしまい、ざっくり手法を教えていただきましたので、その方法を軸にこれから検証してみようと思います。

 

 

また、その方と最後の方に雑談していたのですが、

その中で言われた言葉がものすごく自分の中でなぜか響いたので載せておきます。

 

”人生は死ぬまでの暇つぶし”

 

かっこよくないですか?笑

 

成功している人にしか出てこない言葉だと思いましたね〜自分もいつかこれがスラッと言えるようになりたいっすねぇ(´꒳`*)

コメント