11月18日〜22日

FX記録
スポンサーリンク

11月18日(月)

ドル円

5月〜9月までの下落に対する戻り売りが入り攻防しているところ。週足レベルの高安が抜けないと決着はつかないと思われるため、2週前陽線のハラミの中でのみ考える。金曜の陽線に対する押し目買いを狙いたいところだが、先週下落に対する戻り売りも入ってきそうな位置。4Hで転換のような足ができているため、108.745のネックを下抜けると反転とみなした売りが入ってきそう。木曜高値とネックの間で揉み合えば抜けた方についていく。そのまま上抜けしても4Hレベルで上ヒゲになり戻ってくる可能性あり。4H実体で上抜いて戻って来たらロング。本命は金曜陽線の半値付近からの押し目買い。

ユーロドル

10月陽線の押し目買いが入っているところ。金曜陽線の押し目買い狙い。週足レベルの戻り売りNゾーン下限で止まっているところ。買っている人たちの利確も考えられるため、高値切り下げやWトップに注意。1発目の押し目買いが失敗して上抜けなかったら先々週安値付近まで下がりそう。押し目買い狙いだが、値幅があるため4Hでハラミが起きて下抜けた場合は買いNゾーン目安にショート。

11月19日(火)

ドル円

前日は陰線だが、金曜の陽線61.8%付近でWボトムをつけて上昇しているところ。前日の下げがニュースによる下げで一時的なものとみなし、安値を切り上げ続けているためロングを狙う。前日下げに対する戻り売りに注意しつつ、ロングを狙っていく。前日始値付近から売りが入ってきそう。その付近で1H転換足ができてネックを下抜けた場合は売りが入る可能性大。安値を切り上げているが、高値も切り下げているため、レンジに移行する可能性もあり。

ユーロドル

前日も陽線でかなり強めに買われているが、Nゾーン上限付近から強い反発で上ヒゲを出して下落中。1H足が連続陰線になっているため、足が切り替わって高値を抜けたらロング。日足の押し目買い狙い。日足の形だけ見たネックラインからのショート組が入ってきそう。午前中は売りを受けてロンドンで下値スパイクが起こればかなり買いやすくなる。

11月20日(水)

ドル円

前日は陰線。月曜の戻り売りが入った。現在、11月14日陰線のハラミ約60pips内。その中のみのトレンドを見てトレードする。あまり大きく狙わない。現在はハラミの中間地点にいるため手が出しにくいところ。基本的には前日陰線の戻り売り狙い。ハラミ下限まで。

ユーロドル

前日も陽線だが、月曜の高値を越えられず、ハラミとなった。切り上げラインが継続しており、まだ安値を切り下げていないため、上目線は継続。前日陽線の半値付近から、上抜け期待ロングの予定だが、上値が重く高値を抜けなかった場合は、利確と逆張りで売られそう。しかし、現在もみ合っているということは、売りと買いがすでに攻防しているため、上抜けた場合はそのまま高値を飛び抜けていく可能性もある。切り上げラインを下抜けても、センターラインで反発すればロング。それ以外は様子見。

11月21日(木)

ドル円

前日は陽線。ハラミ内切り下げラインをブレイク。4H切り上げライン+金曜安値が硬く抜けなかった。ハラミ内では上昇に転換。前日安値や切り上げラインにつける動きが出ればロング。日足ハラミ上限や下降チャネル上限から逆張りショート。方向感がないため無理してエントリーしない。

ユーロドル

前日は下ヒゲ陰線。ラス押し安値が強い。もう一度、ラス押し安値を強襲したらロング。火曜高値で上げ止まったらショート。今日は雇用統計(22:30)のため、それで動意づくかもしれない。ハラミをブレイクしても、終値ベースで内側に戻ってくるかもしれないので注意する。上下に強い値を設定し、その付近で長い上ヒゲや短期転換が起これば逆張りする。

11月22日(金)

ドル円

先週木曜ハラミ継続。乱高下しており全く方向感がない。動意付くまで手を出さない。三角保ち合いをどっちに抜けるかが重要(来週の動き)

ユーロドル

一時的にハラミ上限を突破するも押し戻され、その後下落。押し安値でSTOP。押し目買いを狙って行く。あくまで月曜ハラミ内のため上限まで。

 

コメント