11月25日〜29日

FX記録
スポンサーリンク

11月25日(月)

ドル円

日足ハラミ継続。どんどん足が小さくなている状態。三角保ち合いの分岐点により、どちらの力が強いのかわからない。直近の動きから少し売りが弱いかな?と思われるが、基本手を出さない。下降チャネルを上抜ければ、戻りを待ってハラミ上限までロング。Wボトムを形成しているため、先週安値を下抜けると、それの崩壊とみて売られそう。月曜中にそこまでの動きは期待できないが、もし安値を下抜くことがあれば108.0までショート。

ユーロドル

週足売りゾーンでの戻り売りが成功。指標で長い上ヒゲを出したことがこれ以上上がれないというサインになり急落した。月曜は引き続き戻り売り狙い。浅い戻り売りが入っても安値を抜けない場合はもう一段上げるため、そうなったら2番底からロング。ただし、売りの利確狙いのロングになるため、伸びきったら利確すること。本命は前日陰線38.2付近からの戻り売り。ただし、日足上昇チャネル下限や、先々週安値が近く、下にスパイクする動きがあったらそこから急騰する可能性があるため注意すること。戻さずにそのまま下落したら1.10から逆張りロング。ただり、戻さずに下落したらこのキリ番でのレンジ化が予測されるため、ある程度伸びきったら利確すること。

11月26日(火)

私用のため、なし

11月27日(水)

ドル円

月曜にハラミ足を上に突破。前日は陽線になるも、上値が強く、長い上ヒゲを残した。今までの上昇とヒゲからのWトップ期待に対する攻防しているところ。売りの最終防衛ラインか。これを上抜くと一気に上昇が期待できるが、前日の長い上ヒゲが気になって現在地付近ではロングしづらいところ。前日日足半値からの押し目買いが入っているところ。ロンドン初動に東京安値を試すような動きがあればロングしたい。

ユーロドル

月曜のハラミ足になっており、転換しそう。ただ、戻り高値を上抜けておらず、まだ買いにくい。戻り高値(月曜高値)から売りたい人も多いはず。その売りに乗って高値まで上げてくればショートしたい。上抜けた場合は損切りを巻き込んで一時的に上昇するはず。ドテンを考えておく。短期足でしっかり止まったことを確認してからショートすること。

 

コメント